HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 土くれと石ころ The Clod & the Pebble

 
  愛は自分の楽しみを求めない
  愛は自分への気遣いはしない
  それは他の人に安らぎをもたらし
  地獄の絶望の上に天国を建てようとする

  ちっぽけな土くれがそう歌った
  牛たちの足に踏みつけられながら
  でも小川を流れる小石は
  土くれとの出会いを避けた

  愛は自分自身を楽しませるためのもの
  自分の快楽のために他の人はある
  他人の不安の中にも喜びはある
  そして天国にも地獄を作って憚らない
  


「土くれと石ころ」と題するこの詩は、愛とは何か、その本質はどこにあるかについて歌ったものである。世の中には愛する対象にささげられる、献身的で無私の愛もあれば、もっぱら他人の愛を享受するのみの利己的な愛もある。

ブレイクはこのことを、土くれと石ころに事寄せて歌う。土くれは無心の愛を、石ころは利己の愛をシンボライズしている。両者はそれぞれ自分の考えを述べ合うのみで、互いに交じり合うことはない。

無心の愛は、「無垢の歌」に盛られた人間の尊いを暗示しており、利己の愛はこれから展開される「経験」の世界を先取りしているのであろう。




The Clod & the Pebble William Blake

  Love seeketh not Itself to please,
  Nor for itself hath any care;
  But for another gives its ease,
  And builds a Heaven in Hells despair.

  So sang a little Clod of Clay,
  Trodden with the cattles feet:
  But a Pebble of the brook,
  Warbled out these metres meet.

  Love seeketh only Self to please,
  To bind another to Its delight:
  Joys in anothers loss of ease,
  And builds a Hell in Heavens despite.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                       


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである