HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 病気のバラ The Sick Rose

 
  病気のバラよ
  見えない虫が夜にまぎれて
  嵐のような羽音をたてつつ
  お前のところに飛んでくるや

  緋色に輝き喜びに満ちた
  お前の花びらをベッドにしたのだ
  虫の暗くてひそかな愛が
  お前の命を滅ぼしたのだ
  


「病気のバラ」と題するこの詩は、バラに重ねて乙女の不幸を歌っているとも読み取れる。バラがその美しさのゆえに、虫の暗くてひそかな愛によって滅ぼされるように、乙女もその美しさゆえに滅びることがある。

だが解釈はあくまでも解釈に過ぎない。この詩に歌われているのはあくまでもバラと、それにひそかに忍び寄る見えざる虫だ。始めに worm とあるので、毛虫の類を連想していると、次には fly と出てくるので、いつの間にか羽虫にイメージがすりかわっている。




The Sick Rose William Blake

  O Rose thou art sick.
  The invisible worm,
  That flies in the night
  In the howling storm:

  Has found out thy bed
  Of crimson joy:
  And his dark secret love
  Does thy life destroy.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである