HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 ハエ The Fly

 
  小さなハエよ
  お前の儚い命を
  私の無思慮な手が
  払いのけてしまった

  私とて ハエよ
  お前と同じではないだろうか
  お前こそ ハエよ
  私と同じではないのか

  私もお前と同様に
  踊ったり飲んだりしているが
  いつか見えざる手によって
  羽をへし折られないと限らない

  生きることは思慮であり
  力や勢いだとしたら
  思慮の欠如が
  死ぬことを意味するのなら

  この私もお前同様
  幸福なハエに異ならない
  生きていても
  死んだとしても
  


「ハエ」と題するこの詩は、心ならずもハエを払い殺してしまった話者が、ハエの運命を我が身に比較したものである。

ハエは人間の手によっていとも簡単につぶされてしまうが、その人間にしても万能というわけではない。飲んだり歌ったりして楽しく暮らしている間は人としての生命を謳歌しているが、いつ何時災厄に襲われて死んでしまわないとも限らない。だから人間の運命も、ハエのそれと五十歩百歩なのだ。

ここではハエと人間を超越する存在として、神の手が想定されている。つまり、神の手の前では人間もハエと同じく儚い命なのだといいたいのだ。

ブレイクの宗教観が漏れ出ている作品といえよう。




The Fly William Blake

  Little Fly
  Thy summers play,
  My thoughtless hand
  Has brush'd away.

  Am not I
  A fly like thee?
  Or art not thou
  A man like me?

  For I dance
  And drink & sing:
  Till some blind hand
  Shall brush my wing.

  If thought is life
  And strength & breath
  And the want
  Of thought is death;

  Then am I
  A happy fly,
  If I live,
  Or if I die.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである