HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 ひまわりの歌 Ah! Sun-flower

 
  物憂げな ひまわりの花よ
  太陽の歩みと競いながら
  お前が追い求めるのはどんな国
  旅人が目指すという黄金の国か

  キリストが希求にやつれ
  聖母が雪に包まれながら
  墓の中から追い求めるという
  その国にひまわりよ 行きたいというのか  
  


イギリス人にとってひまわりは、文字通り太陽を追い求める花だ。その花の追い求める方向にあるのは、太陽が光り輝く黄金の国。それはただに日が輝いているというにとどまらず、人をひきつけてやまない不思議な国であるに違いない。

ブレイクのこの歌は、ひまわりにことよせて、すべての人が希求する国、つまり神の国をイメージしたものだ。それはキリストさえ、また聖母さえもあこがれる国である。

ひまわりの花は、アメリカの植民地から伝えられて以来、イギリスの風土にも根付いた。それは常に太陽を向いていることから貞節の象徴ともされ、また意思の強さをも感じさせた。そんなところがブレイクの精神性にも応えたのであろう。




Ah! Sun-flower William Blake

  Ah Sun-flower! weary of time,
  Who countest the steps of the Sun:
  Seeking after that sweet golden clime
  Where the travellers journey is done.

  Where the Youth pined away with desire,
  And the pale Virgin shrouded in snow:
  Arise from their graves and aspire,
  Where my Sun-flower wishes to go.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである