HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 ゆりの花 The Lilly

 
  慎ましやかなバラにはとげがある
  おとなしい羊も大声を立てる
  白ゆりは愛の喜びにひたりながら
  とげや大声が美しさを損なうことはない  
  


美しいバラにはとげがあり、おとなしい羊も時には大声を上げて人を驚かす。それに比べて純白のゆりは、無防備で人を受け入れる。それは純粋無垢の乙女のようでもあり、飾らない愛を思わせる。

ゆりは、ヨーロッパの人々にとっては常に、純愛を想起させてきたようだ。バルザックも谷間のゆりにことよせて、人の真実の愛を描いた。日本の山野に自生するゆりが、時にけばけばしい模様と強烈な匂いで人を眩ませることがあるのに対して、ヨーロッパのゆりは清楚そのものの印象をもたらし続けてきたようだ。

この詩は、「経験の歌」の中でも、だいぶ趣を異にしている。純真さを歌うところは、「無垢の歌」の延長のようでもある。




The Lilly William Blake

  The modest Rose puts forth a thorn:
  The humble Sheep, a threatning horn:
  While the Lilly white, shall in Love delight,
  Nor a thorn nor a threat stain her beauty bright

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである