HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 愛の園 The Garden of Love

 
  心はずませ 愛の園に出かけてみたら
  見たことのない光景に出会った
  いつも遊んでた広場の上には
  教会の建物が建っていたんだ

  教会の門は閉じられていて
  立ち入り禁止と書いてあるんだ
  仕方なく花壇のほうへ引き返し
  すずしい木陰を探そうとしたら

  そこは墓地に変わっていたんだ
  花のかわりに 墓石が並び
  牧師たちが 見張りをしている
  僕は茨で縛られたように 悲しい気持になったんだ  
  


愛の園とは、無垢の心が遊ぶことの出来るエデンの楽園をイメージしているのであろう。それが今ではすっかり変わってしまい、教会の建物と墓地によって占められてしまった。しかもそれらは来るものを険しく拒んでいる。

幼い頃の思い出を求めて愛の園にやってきた少年は、見張りの牧師たちによって茨で縛られたように傷ついてしまうのだ。

この詩は、ほかならぬ教会が、人々を神の手から遠ざけているのだと批判しているようだ。ブレイク自身は急進的な清教徒として、伝統的な教会のあり方に反感を覚えていた。そんなブレイクにとって、愛の園は人々が直接神と向き合うところであるべきなのに、教会がそれを妨げていると写ったのである。




The Garden of Love William Blake

  I went to the Garden of Love, of Love
  And saw what I never had seen:
  A Chapel was built in the midst,
  Where I used to play on the green.

  And the gates of this Chapel were shut,
  And Thou shalt not. writ over the door;
  So I turn'd to the Garden of Love,
  That so many sweet Bowers bore.

  And I saw it was filled with graves,
  And tomb-stones where flowers should be:
  And Priests in black gowns, were walking their rounds,
  And binding with briars, my joys & desires.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである