HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 ロンドン(ブレイク詩集:経験の歌)

 
  わたしはロンドンの巷を歩く
  傍らにはテムズが流れる
  そして出会う人の顔ごとに
  弱々しさと苦悩を読み取る

  あらゆる人のあらゆる叫びに
  あらゆる子どもの泣き声に
  あらゆる声に あらゆる呪詛に
  私は宿業にさいなまれた声を聞く

  煙突掃除の子どもたちが泣いても
  どんな教会も助けてはくれない
  不幸な兵士たちのため息は
  宮殿の壁を血に染めてうつろう

  真夜中の巷でわたしが聞くのは
  若い身空で売奴となった女の呪い
  呪いは幼子の涙を吹き飛ばし
  新婚の団欒も疫病で滅ぼす
    

18世紀末のロンドンの町と、そこに暮らす人々を歌ったこの詩は、余りにも陰惨なイメージに満ちている。ほぼ同時代人だったワーズワースが、静かで美しいロンドンの街を歌ったのとは対照的だ。

実際当時のロンドンは、テムズ川も街路も薄汚れていた。ワーズワースはそれをネグって街の美しさだけを歌ったのだが、ブレイクは率直に現実を描く。薄汚れた街で、最も悲惨な目にあっているのは弱者たちだ。その弱者の呪いは、不幸な兵士のためいきとなったり、売春婦の呪いとなってロンドンの街を覆う。

先に「煙突掃除の男の子」のなかで、現世の悲惨さを抉り出したブレイクは、この詩の中では、その悲惨さをパノラマ的に拡大して見せたといえる。




London William Blake

  I wander thro' each charter'd street.
  Near where the charter'd Thames does flow
  And mark in every face I meet
  Marks of weakness, marks of woe.

  In every cry of every Man,
  In every Infants cry of fear,
  In every voice: in every ban,
  The mind-forg'd manacles I hear

  How the Chimney-sweepers cry
  Every blackning Church appalls,
  And the hapless Soldiers sigh
  Runs in blood down Palace walls

  But most thro' midnight streets I hear
  How the youthful Harlots curse
  Blasts the new-born Infants tear
  And blights with plagues the Marriage hearse

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである