HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 幼子の嘆き(ブレイク詩集:経験の歌)

 
  母ちゃんはうめき 父ちゃんは泣く
  恐ろしいところに生まれてきちゃった
  力なく 真っ裸で オギャアと泣くだけ
  雲に隠れた小悪魔のように

  父ちゃんの手の中でじたばたし
  縛り紐に逆らって暴れるけれど
  自分でせいぜいできることは
  母ちゃんのおっぱいに吸い付くだけ
    

「幼子の嘆き」と題するこの詩は、「無垢の歌」にある「生まれた喜び」の対極を歌ったものだ。世の中には望まれて生まれてくる子もあれば、このように望まれずして生まれてくる子もある。望まれない子は、両親や世の中の雰囲気を敏感に感じ取り、反発せざるを得ない。

ここでは自分を愛してはくれない両親に対して、幼子は危険を感じ取っている。しかし無力な幼子は力なくじたばたするのみだ。そのさまが小悪魔のようだというのは、いかにも悲しい比ゆであるといえる。

だが幼子は生きる希望を捨てはしない。精一杯の力を振り絞って、母親の胸にしゃぶりつくのである。




Infant Sorrow William Blake

  My mother groand! my father wept.
  Into the dangerous world I leapt:
  Helpless, naked, piping loud;
  Like a fiend hid in a cloud.

  Struggling in my fathers hands:
  Striving against my swadling bands:
  Bound and weary I thought best
  To sulk upon my mothers breast.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                       
 

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである