HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 天使 The Angel

 
  夢を見るってどんなことなの
  夢の中で女王のわたしは
  やさしい天使に守られてるけど
  本当は天使を憎んでいるの

  夜も昼もわたしが泣くと
  天使はわたしの涙をふくの
  昼も夜も泣いてるわたしは
  天子がいないとうれしくなるの

  天使が羽ばたいて飛び去ると
  朝日がばら色に輝いたわ
  わたしは涙をぬぐうと身構えて
  槍や楯で武装したの

  すぐに天使は戻ってきたけど
  わたしを見るとがっかりしたわ
  わたしはもう若さを失い
  白髪頭になっていたの
  


「煙突掃除の子」に見られたように、ブレイクにとっての天使のイメージとは、この世の不幸に虐げられたものを、神の慈愛に導いてくれる仲介者であるといえるのだが、この詩においては、天使の存在はネガティヴに描かれている。

といっても、天使自体がネガティヴであるのではない。夢の中とはいえ、天使を煙たいと思っている女の子の気持ちがネガティヴなのだ。

女の子は、天使をうるさく思うにとどまらず、積極的に天使にはむかおうとする。だがそう思ったとたん、女の子の頭は白髪で覆われ、若さを、つまり純真さを失う。

この詩が何を訴えようとしているのか、それを理解するためには、深い読みが必要だろう。




The Angel William Blake

  I Dreamt a Dream! what can it mean?
  And that I was a maiden Queen:
  Guarded by an Angel mild:
  Witless woe, was ne'er beguil'd!

  And I wept both night and day
  And he wip'd my tears away
  And I wept both day and night
  And hid from him my hearts delight

  So he took his wings and fled:
  Then the morn blush'd rosy red:
  I dried my tears & armed my fears,
  With ten thousand shields and spears.

  Soon my Angel came again;
  I was arm'd, he came in vain:
  For the time of youth was fled
  And grey hairs were on my head.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                       


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである