HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

無垢の歌 -Songs of Innocence
ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー


始まりの歌 -Introduction
羊飼い -The Shepherd
生まれた喜び -Infant Joy
他の人の苦しみ -On Another's Sorrow
スクールボーイ -The School Boy
聖なる木曜日 -Holy Thursday
子守の歌 -Nurse's Song
笑いの歌 -Laughing Song
黒人の少年 -The Little Black Boy
古の吟遊詩人の声 -The Voice of the Ancient Bard
こだまする野辺 -Echoing Green
煙突掃除の子 -The Chimney Sweeper
神のイメージ -The Divine Image
不思議な夢 -A Dream
迷子になった女の子 -The Little Girl Lost
見つかった女の子 -The Little Girl Found
迷子になった男の子 -The Little Boy Lost
見つかった男の子 -The Little Boy Found
揺りかごの歌 -A Cradle Song
春の歌 -Spring
花びら -The Blossom
子羊 -The Lamb
夜の歌 -Night



「無垢の歌」 Songs of Innocence は、ウィリアム・ブレイク William Blakeが1789年に発表したイラスト入りの詩集である。ブレイクはすでに版画家として活躍する傍ら、宗教的なテーマを題材とした絵本 All Religions are One を発表していたが、実質的にはこの書物が詩人兼画家としての彼の名声を確立した。

「無垢の歌」はNursery Rhymes の伝統を踏まえ、わらべ歌の新しい境地を開こうとしたものだ。一篇づつの詩には、それぞれブレイク自ら描いた絵が添えられ、絵本の体裁をとっている。これもやはり、Nursery Rhymes の形式を意識したものだろう。

ブレイクの版画の特徴は、輪郭や大まかな彩色を銅版技術で印刷し、それに水彩絵の具で仕上げを加えるというものだった。だから残されている彼の絵本は、一冊ごとに色合いが違う。

ブレイクは詩人としては、イギリスロマンティシズムの魁をなすとされている。だがワーズワースやシェリーなどほかの詩人たちに比較すると、宗教的な感情や深い瞑想が特徴となっている。

「無垢の歌」に収められた詩の数々は、宗教的な感情を感じさせるとともに、人間が本来持っていた純粋に無垢な精神への憧憬が盛り込まれている。




               HOME無垢の歌経験の歌
                     
                        


                    
 

作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである