HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 愛らしいバラの木 My Pretty Rose Tree

 
  5月の花のなかでもとびきりの
  美しい花を貰ったの
  でもわたしには愛らしいバラの木がある
  だからその花は人にあげたわ

  わたしはバラの木のところに戻り
  朝な夕なに世話を焼いたの
  でもやきもち焼きのバラはそっぽを向き
  わたしには棘しか残らなかったの  
  


バラは美しい花びらとともに人を刺す棘を持っている。こんなことから、うつくしさとともに、人間をはねつける厳しさを、あわせてイメージさせる。

この詩は、バラに嫉妬の感情を投影し、その嫉妬が人に棘を向けさせるという、かなしいやり取りを描いている。

バラはここでは女性のイメージに描かれているから、このやりとりは女同士のことを歌ったものとも受け取られる。




My Pretty Rose Tree William Blake

  A flower was offerd to me;
  Such a flower as May never bore.
  But I said I've a Pretty Rose-tree!
  And I passed the sweet flower o'er .

  Then I went to my Pretty Rose-tree
  To tend her by day and by night.
  But my Rose turnd away with jealousy:
  And her thorns were my only delight.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである