HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本万葉集をよむプロフィール掲示板| サイトマップ

ーウィリアム・ブレイクの詩とイラストの世界ー

 子守の歌 Nurses Song

 
  子どもたちの声が野辺に響き
  谷間をささやきが満たすとき
  私の心には昔の日々がよみがえり
  私の顔は青ざめる

  子どもたちが家に帰ると
  日は沈みあたりに夜露がたちこめる
  春の一日を遊び暮らした者たち
  しばし冬と夜とをしのびなさい
  


子どもたちの遊ぶ姿をみて、自分の子どもの頃を思い出したのだろう、子守の顔が何故か曇って青ざめるのは、そこに悔いのような感情があるからだろうか。

「無垢の歌」に収められた同名の歌では、子守は子どもたちの姿を慈しみを以て見守っていた。帰る時間になっても、子どもたちにせがまれて、そのまま遊びを続けさせている。子どもたちが家に帰るのは、日も暮れて疲れ切ってからだ。

同じく green という言葉が使われていても、前には野辺のしたたる緑であったものが、ここでは青ざめた顔の色として象徴化されている。ブレイクは、この変化の中に何を歌いこんだのだろうか。




Nurses Song William Blake

  When the voices of children, are heard on the green
  And whisprings are in the dale:
  The days of my youth rise fresh in my mind,
  My face turns green and pale.

  Then come home my children, the sun is gone down
  And the dews of night arise
  Your spring & your day, are wasted in play
  And your winter and night in disguise.

  

前へHOME無垢の歌経験の歌次へ




                        


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである